駐車場の需要が高まっている背景を学びましょう。

雷から守る

避雷針の利用方法について

避雷針は、雷などから保護するための設備となっております。 避雷針の役割は、雷の通り道を確保するためのもので、 決して雷が落ちないという事ではなく、逆に雷の電流が通るようにできております。 建物に落雷があっても、建物の中の設備類は安全に保護されます。 避雷針は、設備等を安全に守る働きがあり、安全な暮らしを支えております。 避雷針工事のメーカーは、数多くありまして、なるべく施工を行う会社と、 メーカーとの協力を依頼するのが、効率的に良いようです。 避雷針工事の際の設置基準ですが、建築基準法では、高さが20mを超える部分を 保護することになっております。 また、煙突や鉄塔などの設置もすることになっており、様々な基準があります。

避雷針工事の平均的な価格について

避雷針工事となりますと、様々な基準をクリアしてはじめて工事になりますが、 大体の工事費用は、大きなプラントへの設置になりますと、工事期間が10日から14日 費用は目安としまして400万円程度になります。 重油タンクなどの場合ですと、工事期間が概ね1週間から10日間で、 費用は目安としまして120万円程度になります。 マンションなどの吸水塔などへの設置になりますと、工事期間が概ね1週間で、 費用は目安としまして、40万円程度になります。 また、回復修理などは、概ね1日で工事が終了しまして、費用は目安としまして 5万円程度になります。 避雷針工事費用は少し高いですが、それ以上の価値はありますので、とても便利で、 価格以上の価値は十分にあります。