駐車場の需要が高まっている背景を学びましょう。

駐車場のこれから

駐車場の今後の動向について

不動産投資のひとつとして貸駐車場があります。 例えば、家を取り壊して空き地をそのままにしておいても固定資産税を取られるだけで何一ついいことはありません。しかしながら、土地を利用するのであればそれなりに有益な事ではないかと思います。 空いた土地に建物を建ててその建物を貸してもいいですが、まったく人がはいらなかった場合は目も当てられません。 それに対して駐車場を経営は賃貸よりは収入は少ないですが、その代わりリスクも小さいのです。 今後の予測としては、人口減少社会が続く上に車の台数も減ることからある程度良い場所でないと厳しい結果が出るでしょう。 また、すでにたくさんの駐車場があるため、駐車場を施工したとしても個性が要求されると考えられます。

施工するにあたり注意する点

実際に駐車場を施工するときに注意したほうがよいことはいったいなんでしょうか。 基本的な事ですがコインパーキングなどの駐車場には、一定の広さが必要になりますので、先走り施工してしまわないようにしましょう。 また、駐車場としては成立するけどもなかなか車が入ってこない場所もあります。 例えば、入り口が狭かったり、ビルの陰に隠れている場所などはそもそもそこに駐車場があると認識されないこともあるので施工前には必ずその場所を客観的にみるようにしましょう。 場所がわかり易い場合、その駐車場は人気があるかというと必ずしもそうではありません。そこらへんの予想は難しいですが、近くにコインパーキングがあるかどうかや周りの住宅の様子も重要です。